CPAPを1週間使ってみた僕の感想と体験談!いびき無呼吸は改善した?

こんにちは。いびき外来で睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断された岩城です。

睡眠ポリグラフィの検査結果で、結構な無呼吸時間があると分かり、次の治療方針としてCPAP(シーパップ)をすすめられました。今回はそのCPAPを1週間試しに使ってみた僕の体験談をまとめています。

前回のいびき外来初診時の体験記はこちらです。
» いびき外来に行ってみた!僕の体験談~口コミも多い病院の初診時のこと

CPAPを簡単に説明すると、睡眠時に呼吸がしやすくなる機器です。寝るときにラグビーのヘッドギアのようなものをつけて、鼻に装着したマスクからエアチューブを通して酸素を強制的に吸引するものです。装着して寝るといびきは無くなり、無呼吸もゼロになるようです。

イメージではこんな感じです。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、この療法が現在では第一に選択されているようです。

これをつけて寝てみて4、5日様子を見てくださいということになりました。

その後、再度次回診察(1週間後)という流れです。

無呼吸症候群と診断されただけでも自分自身衝撃でしたが、その検査結果の告知からすぐにこの機械を取り付けて治療していく流れになり困惑しました。(イメージでは結構重症患者さんのような感じを想像していたので)

とりあえず試しにということなので、やってみることにしました。(最初少し抵抗がありました。。装着した感じを想像すると、、これをずっとやっていかないと行けなくなるのかあ。というのもありました。)

結構大きいです。リュックサックくらいの大きさです。

病院から渡された機械はこんな感じのバッグに入っています。結構大きいです。機種は選べませんでした。ほかの種類やメーカーのものは多少違いがあると思います。

1日目

帰宅してから中身の確認をしました。

四角いのが本体。あとマスクとエアチューブ、説明書が入っていました。

↓こちらの機器ですね。Fisher & Paykel Healthcareという会社のようです。
» CPAP装置 – Fisher & Paykel Healthcare

炊飯器くらいでしょうか。重さもそれくらいです。これにエアチューブを差し込みます。

本体が結構大きいです。鼻につける管は結構長めです。僕の場合はベッド脇の床にべた置きして使いました。

使い方は病院でもこのCPAPの業者さんから聞いていたので大丈夫だと思います。コンセントに線をさして、ボタンを押すだけです。

初日なので結構ドキドキしましたが、装着もすんなりいけました。ボタンを押すとランプが付いて管(エアチューブ)から酸素が出てきました。風圧で気道が広がるので、いびきが無くなります。(いびきの原因は気道が狭くなることなので、圧のかかった空気を送ることで気道が広がります。)呼吸も楽になります。

いびきをかく人は大抵、口呼吸になっていると思うのですが、僕も口呼吸になっています。いつものように眠りに入ると咳き込みました。CPAPをつけていると口で呼吸をすると咳き込みます。鼻で吸って鼻で出すように意識する必要がありました。(これが普通なんですよね。)

でもそんなに気にすることはなく、簡単に慣れました。

実際に寝てみるとなかなか寝付けませんでした。これは多分心理的なものだと思います。なんとなく、半分起きているような感じでした。

ヘッドギアのようなバンドで固定します。鼻に当たる部分で洗剤で洗えます。

朝起きてみたときの感想

朝起きてみるとCPAPが外れていました。途中で取れたんだと思います。いつ取れたかは分かりませんが、うっすら起きていたので最初の寝入りの方ではなく、朝方だと思います。

起きてみたときの感想は、「特に今までとあまり変わりなし」でした。もっと爽快になるのかなと期待していましたが違いました。

これは病院の先生も言っていましたが、個人差があるようで、劇的に変わった!という人もいれば、僕のようにあまり変化がないという人もいるようです。外れていたのも関係していると思います。

実際に、無呼吸が解消されているかが重要なので機械が取得しているデータをみれば分かるのかなと思います。(僕が借りた機械は睡眠ポリグラフィのときのように無呼吸のデータも記録しているようです。)

本体にメモリスティックが挿入されているのでデータを記録しています。画像は抜き出した状態です。

あと、のどと鼻が多少乾燥していました。乾燥する時期でもないのでこれは機器のせいだと思います。

奥さんのコメント

いつも一緒に横に奥さんが別のベッドで寝ているのですが、今岩城家では3歳と生後3か月の子供がいるので、夜泣きや授乳で夜中に起きる必要があります。この日は僕は朝まで目覚めなかったのですが、夜中に何回か起きた奥さん曰く、「いびきがなくなった」と言っていました。寝息は立てているとのことです。

一番迷惑しているのは奥さんなので、これは単純によかったです。

日中の様子は?

起きた日は日曜日だったのですが、いつもと変わりない状態でした。昼間子供を連れてうろうろして疲れたので普通にあくびも出て眠くなったので、CPAPで劇的になにかが変化したこともなさそうです。

※ちなみに僕の場合、日中特に眠いとかの症状はいつもありません。

2日目

2回目なのでCPAPの装着ももっとすんなりいきました。

この日は寝る前に500mlの缶チューハイを1本飲んでいます。僕の場合、お酒を飲んだ日は特にいびきが大きいです。今日はあえてお酒を飲んでみました。(岩城は最近基本的に飲み会しか飲みません。)ぐっすり眠れるのか、前と変わらないのか気になるところでした。

朝目覚めると、CPAPが外れていました。おそらく朝方外れたのだと思います。

朝起きてみたときの感想

起きた感じは初日と特に変わりません。(この日も外れていたのが原因かも分かりません。)この日も鼻のどが少し乾燥していました。

奥さんのコメント

この日の夜の様子は奥さん曰く、僕が聞く前に朝方いびきがすごかったよ。と言われました。やはり朝方にCPAPが外れていたんだと思います。

付けてない今までのいびきと比べるとどんな感じ?と聞くと、「いつもと変わらない感じ」と言われました。

すごかったよ。と言われたので今までよりもすごいのか、と思いましたが、今までもすごいということのようです。。

自分では寝ているので分からないですが、一緒に寝ている奥さんからするといつもすごいということですね。。(改めて気づきました。すいません。。)

初日外れていたのに何も言われなかったので、お酒の影響でいびきがかなり大きくなっていたのもあると思います。

日中の様子は?

この日から仕事でしたがいつもと変わりなかったです。

3日目

もう装着も慣れていたので問題ないです。寝るのもすぐに寝れました。ただ少しマスクから空気を吸い込むのが前日までと少し違って吸い込みにくい感じがありました。(なぜでしょうか)

朝起きるとまたマスクを外していました。。今回はいつ外したのか記憶もないです。この日は奥さんと子供は別の部屋で寝ていたので、僕がどんな感じだったのかはわかりません。

ただ寝起きはしんどい感じがしました。日中はいつもと変わりなかったです。

4日目

前日の空気の吸い込みにくさが気になったので、機器の説明書を見直してみたのですが、機器の中に容器が入っているようでその中に水を入れるようなことが書いています。(説明書わかりにくいです)

機器を開けてみると容器が入っていて、水は入っていません。最初は入っていたのでしょうか。初めから入っていない形跡ですがこの日は水を入れて使いました。

使用した感じは、何かが変わった感じはしませんでした。(なぜでしょう)吸い込みも昨日と同じで吸い込みにくい感じがしまいした。鼻が詰まっているのかもしれません。

この日は夜中に目が覚めました。呼吸が苦しくて起きました。2回目が覚めましたが、2回目以降苦しかったのでCPAPは外して寝ました。

朝いつもより少し早めに目覚めました。あきらかに寝れてない感じで少ししんどかったです。日中は特に眠いとかしんどいとかは、いつもと変わりなかったです。

CPAPの使い方について電話して聞いてみました。

CPAPの業者さんに機器に水を入れる必要があるのか問題について、電話で確認してみました。

すると入れなくても入れてもどちらでも良いということでした。この機器には加湿機能が付いているようで、水を入れると加湿されるとのことです。(なるほど!だから最初は入ってなかったんですね)

ついでに夜中にCPAPを外してしまうことについても相談してみました。原因としては鼻づまりが考えられるとのことでした。CPAPは鼻づまりがあると苦しくなるという人もいてるようで、僕の場合通常時でも鼻づまりがあるので、夜中は特につまっています。なので苦しくて無意識に外してしまっている可能性があるようです。

その場合は加湿機能を使ってすると良い。とのことでしたが、昨日すでにその機能は使っていました。でも良くなる変化はなかったのです。。

あとは、加湿の温度レベルも変えられるようで、レベルを初期の0から3に変更して使ってみてください。とのことでした。3は温度上がるようで温かい方がより加湿されやすいようなことをおっしゃられていました。今日はそれでやってみようと思います。

そのほか口呼吸をしてしまうと苦しくなるのはそうらしいので、その場合、口をテープで留めて口呼吸をしないようにする方法もあるようです。ですが僕のように鼻がつまっている場合、呼吸自体ができなくなるおそれがあるので止めといた方が良さそうでした。

(電話して色々聞けてよかったです。)

5日目

加湿機能をONにして使用しました。(以降ONにして使ってます)ONにするとシュゴーという音が少しします。

この日は無意識ではなく、夜中に目が覚めて自分でCPAPを外しました。やはり同様に寝苦しくて外してしまいました。寝起きもしんどいです。CPAPをしてから睡眠時間も短くなっています。

(僕にはあっていないような気がだんだんしてきました。)

奥さん曰く、「4時前あたりからいびきがすごかった。」とのことです。その時間には外していたんだと思います。付けているときは、いびきはかいていないらしいです。

6日目

この日は会社の飲み会がありました。飲み会の日はいつも起きるとしんどいです。いびきも大きくなって全然熟睡できていないのだと思います。

そういうこともあるので、この日は苦しくて夜起きても、必ずCPAPを付け直して寝てみることにしました。

やはり2、3回目を覚ましましたが、付け直して寝ました。

すると朝起きてみるとあまり眠くありません。まさかですが、飲み会の翌日にこんな感じで寝ざめたのは何年振りかわかりませんが、いつもよりは眠れたのだと思います。

1日だけのことかもしれませんので今日の夜も同じようにして寝てみて様子をみようと思います。CPAPは慣れなのかもしれません。

7日目

この日は普通に寝ました。夜中2、3回目が覚めて付け直したりしました。

朝起きたときはぐっすり眠れたとかはなかったです。CPAPをつけていないときと変わりません。

前日の寝起きがすっきりした感じも特になかったです。

1週間試してみた僕の感想

CPAPを1週間使用してみましたが、夜中に何回か目が覚めてしまい正直この1週間少し疲れた感じです。

普段は眠りにつくと朝まで目が覚めないのですが、何回か目が覚めたことで、眠れてない感じが残りました。(これは感覚のことです。)

寝ているときのことなので確かではないですが、僕の場合鼻づまりがあるので、夜中に鼻づまりが酷くなってくると苦しくなってCPAPを外したり、目覚めたりするような気がします。

CPAPは口呼吸すると咳が出て苦しくなるので、鼻呼吸をしないといけません。鼻づまりがあると、呼吸しにくいので、苦しくなって使えなくなります。

なので、まずは鼻づまりを治す必要があるのだと思います。

結果、体感的には爽快になった感じもなく、逆に少ししんどい感じになりました。

いつも付けていないものを付けている違和感と精神的な違和感も大きいと思います。慣れも大きいと思いますので、もう少し継続すると変わるかもしれないなと感じました。

その点、次回の診察時に先生に聞いてみようと思います。

1週間試してみた後の診察

診察時に先生に1週間の様子を伝えました。(CPAPを付けたほうがしんどさを感じたこと。夜中に外してしまうこと)

先生はCPAPに記録されているデータをノートパソコンで確認していました。無呼吸については、かなり改善されたとのことでした。数値やデータは口頭のみの説明だったのですが、1.9まで減っている。5時間はきちんと寝れている。ということです。

1.9の数値がどう示すのは詳しく分かりませんが、かなり改善されて身体には問題ないレベルまでになっているということでした。

数値的には良くなっているけれど、寝れていない、しんどいということから、CPAPを続けるかどうかは希望に任せるとのことです。

継続していくとなると、費用が月に4,430円がかかってくるようです。(ちょうど最近料金が安くなったようです)CPAPの利用料・診察代です。あと、1ヶ月に1回は受診する必要があるようなので、そのときに支払います。

かかる費用についてこちらでまとめています。
» いびき治療でかかった料金・費用を計算してみた!【無呼吸症候群・CPAP】

金額的な負担もありますし、家から遠いということもあり通院する負担もあります。

先生的には、CPAPで改善されているので続けた方が良いという感じでした。CPAPを使いたくても保険が適用されない人もいているので、僕の場合、適用できる数値レベルなので、続けてみて良いということです。

いきなりここでずっと続けていくのか判断しないといけないのは、少し困りました。。(ここでの回答って結構重要なんじゃないの?とか、、)

正直CPAPは僕にはしんどいというのと、この先ずっとあれをつけて寝ないといけないというのも結構嫌だなあというのがありました。

歯医者で作るマウスピースはどう?

僕のまわりで無呼吸症候群と診断されている先輩がいましたので、その人に聞いた話では、通常時はCPAPを使っているが、出張のときは歯医者で作ってもらったマウスピースを使っている。ということを言っていて、作ってみてもいいんじゃないかということもあったので、そのことも先生に話してみました。

すると、マウスピースはずっとしていると顔の形が変わってくる。ということを言われました。歯医者の先生も言っている。ということらしいです。

(※ちなみに歯医者でマウスピースを作るには、先生に診断書を書いてもらう必要があります。)

マウスピースをやるなら口にテープを貼って寝る方が良いとも言われました。前回も言われていたので、口テープはちょうどAmazonで頼んだとこでした。先生に言うと100均のマスキングテープで十分とのことでした。粘着力がちょうどいいらしいです。その場合、1箇所だけでなく、3箇所とめた方がいいらしいです。1箇所とめていても横から空気を吸ってしまう場合もあるようです。

とりあえず1ケ月やってみよう。

ということで色々考えましたが、いつでもやめることができるということなので、1度CPAPをやってみることにしました。

1ヶ月様子を見てからから考えようと思いました。

次回は1ヶ月後に受診です。そのときにはCPAPにデータを記録しているデータスティックを持って受診します。CPAPをやめるのであれば本体も持参します。CPAPの料金4,430円は次回受診時に診察代と併せて支払うとのことです。この日の診察代は380円でした。

本来であれば1週間試しに使用した期間も料金がかかるようなのですが、先生の判断で今回はいいですとのことでした。次月から料金がかかります。CPAPの料金は業者さんへの支払いのようなので、今後使用していく旨の書類がいくつかあってサインしました。(このあたりは病院によって違うと思います。)

以上で僕のCPAP1週間体験記は終わります。

今後、しんどさは慣れていくのか、口テープの効果はどうだったのか、など進展があったあと記事にしたいと思います。ありがとうございました。

追記:
続きは↓こちらです。1か月使ってみて結局CPAPはやめてしまいました。
» 睡眠時無呼吸症候群の僕がCPAPをやめたい理由~CPAPのデメリット

僕が実際に使ってみて良かったいびきグッズを↓こちらで記事にしましたので参考にしてみてください。

いびきで悩む僕が使った人気のいびき防止グッズを口コミランキング
いびきがすごく大きくいびき外来にいったところ睡眠時無呼吸症候群と診断されてしまった岩城です。CPAP(鼻にマスクをつけていびき治療する医療機器)は苦しくて続けること

僕のいびき体験談

僕のいびき体験談の記事を一通り読みたい方はこちらが目次です↓
» 睡眠時無呼吸症候群と診断された僕の体験記~検査や費用・CPAP治療